猫は何で爪とぎするの?理由とおすすめアイテムを紹介

猫がなぜ爪とぎをするのかご存じでしょうか。爪とぎの理由は自己アピールやストレスの発散などです。ここでは、猫が爪をとぐ理由や具体的な対処法、おすすめの爪とぎアイテムなどをご紹介します。猫の爪とぎに悩まされている飼い主さんは、ぜひ参考にしてください。「飼い猫が爪とぎをして、自宅の壁やフローリングが傷んでしまった」といった経験はありませんか?飼い主さんにとって、猫の爪とぎは頭の痛い問題です。本記事では、猫が爪とぎをする理由や、家中傷だらけにしないための対処法を解説します。あわせて、愛猫が喜ぶ爪とぎアイテムをいくつかご紹介しましょう。

爪とぎは猫の自己アピールだった!ほかにはどんな理由がある?

飼い主さんの目が届く範囲で爪とぎをしているのなら、かまってほしくて自己アピールしている可能性があります。孤高で自由気ままな印象の猫ですが、意外にも寂しがり屋な一面があるのです。では、自己アピール以外にはどのような理由があるのでしょうか。

爪という武器のお手入れ

猫が爪とぎをする理由のひとつは、自身の武器をいつでも使える状態に保つためです。猫は狩りをする動物であるため、攻撃や防御のために爪を鋭い状態に保とうとします。

猫の爪は何層にもなっていて、爪とぎによって表面の古い爪を剥がして、新しい鋭い爪を出しているのです。そのため、猫がいる家には、剥がした古い爪がいたるところに転がっていることも珍しくありません。

猫にとって爪とぎは、本能的な習性です。そのため、飼い主さんがやめさせたいと思っても、やめさせられるものではないことを理解しておきましょう。

ここは自分の縄張り!マーキングのため

動物のマーキングとは、自身の縄張りを主張するための行為です。よく知られているのは、散歩中の犬が電柱や壁などにおしっこをかける行為でしょう。排泄によるマーキングは犬だけでなく、猫も行います。

去勢や避妊をしている猫なら、スプレー(壁などにおしっこをかける行為)によるマーキングはほぼありません。その代わりに、爪とぎでマーキングをして、縄張りを主張することがあります。猫の肉球には臭腺があり、爪とぎによって臭いをつけてマーキングしているのです。

イライラしたら爪をとぐ?猫にとっては気分転換にも

仕事や人間関係のストレスで、イライラした経験はありませんか?ストレスによるイライラが募ると、発散したり気分転換したりするのはごく普通の行動です。猫も人間と同じようにストレスを感じることがあり、気分転換として爪とぎするケースがあります。

猫のストレスになる行動はさまざまです。飼い主による過剰なスキンシップや、同居している猫との相性の悪さ、食事が少ないなどが考えられます。ストレスを抱えすぎると、精神衛生上よくないのは人間も猫も同じです。爪とぎをしているときは、できるだけやさしく見守ってあげることも大切です。

爪とぎが激しくなった?!飼い主さんがやりがちなNG行動

飼い主さんの行動が、愛猫の爪とぎを激しくさせてしまうことがあります。最近爪とぎが激しくなった、と感じているのなら、次のような行動をとっていないかチェックしてみましょう。

爪とぎをするたびに騒ぐ

猫が爪とぎをするたびに「ダメダメ!」と騒いだりしていませんか?飼い主さんが騒いでいる姿は、猫から見ると楽しそうにしていると感じてしまうことがあります。飼い主さんが喜んでいると勘違いさせてしまい、ますます爪とぎが激しくなるのです。

猫にとって爪とぎは本能的な行動です。いたずらをしているわけではないので、そのつど騒ぐのは控えたほうがよいでしょう。また、壁や床などで爪とぎをしていても、大声で怒鳴る、叩くといった行為は絶対にNGです。ストレスになるばかりか、飼い主さんとの信頼関係が失われ、敵視されてしまうおそれもあります。

過度なスキンシップ

かわいい愛猫に頬ずりしたい、抱きしめてあげたい、と思うのは飼い主さんにとって自然な感情です。ただ、行き過ぎたスキンシップは、猫にストレスを与えてしまい、爪とぎが激しくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

嫌がっているにもかかわらず抱きあげる、お腹を触る、頬ずりをするといった行為はひかえましょう。基本的に、猫は単独でのんびり過ごすのを好みます。過度な干渉はストレスとなり、発散行動としてところかまわず爪とぎをしてしまうといった行動をとるのです。

猫の爪とぎで家中傷だらけにならないためには

賃貸住宅の場合、あまりにも壁や床が傷ついてしまうと、退去時に多額の費用が発生するおそれがあります。また、持ち家であっても見た目が悪くなってしまうので、適切な対処が必要です。

小さな頃から爪とぎのトレーニングを

子猫を迎えるのなら、できるだけ早い段階から爪とぎのトレーニングを始めましょう。人間と同じで、小さい頃にしつけておくと、それが当たり前となり習慣化できます。

市販の爪とぎを用意しておき、もし壁や床などで爪をとごうとしたら、爪とぎまで連れて行って適切な場所を覚えさせます。また、飼い主さん自ら、爪とぎを使って爪をとぐ仕草を見せ、やり方を学習させることも大切です。

飼い猫がどこでよく爪とぎするか観察しておく

猫によって爪とぎの好みの素材が異なります。フローリングを好む猫もいれば、畳でしか爪をとがない猫や、段ボール箱ばかりに興味を示す猫もいます。

愛猫が頻繁に爪とぎする場所を観察しておけば、お気に入りの場所がわかるだけでなく、好みの素材も把握できます。例えば、段ボール箱で爪をとぐことが多いのなら、段ボール製の爪とぎを用意してあげるとよいでしょう。壁や畳など固い素材でよく爪とぎをしているなら、麻や畳の素材で作られた爪とぎがおすすめです。

複数の爪とぎを用意しておくという手段も

用意した爪とぎに、まったく興味を示さない場合もあります。このへんは、猫はとてもシビアなので、興味のないものには関わろうとしない傾向があります。爪とぎを用意しても猫が興味をもってくれない、使ってくれないのなら、複数の爪とぎを用意しておくのもひとつの手です。

現在では、さまざまなタイプの爪とぎが市販されています。床置きや壁掛けタイプ、段ボールや麻縄を巻いたものなど多種多様な製品があります。違ったタイプの爪とぎを用意しておけば、その中からお気に入りを見つけてもらえる可能性が高まるでしょう。また、複数の場所で爪とぎをする癖のある猫にもこの方法は有効です。

猫が喜ぶ!おすすめ爪とぎ8選

さまざまな爪とぎグッズが市販されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう、といった飼い主さんも少なくありません。ここでは、おすすめの爪とぎを8つピックアップしてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

気に入ったらコロンと入っちゃうかも「バリバリボウル」

「バリバリボウル」は、ベッドと爪とぎがひとつになったアイテムです。直径40cmの円形型で、大きなサイズの猫でもゆったりとくつろげます。爪とぎとしてだけではなく、ベッドのように寝転べるため、1日の大半を寝て過ごす猫にピッタリのアイテムといえるでしょう。

段ボールでできており、各部の接着にはとうもろこし糊が使われています。植物由来の糊を使用しているため安心安全で、爪とぎ部分も交換できるので経済的です。

https://www.necoichi.co.jp/Products/detail/id=5289

上に乗って楽しく爪とぎ「バリバリベッド」

こちらも段ボールと、とうもろこし糊から作られています。床置き型の爪とぎで、なだらかなカーブ構造になっているのが特徴です。絶妙なカーブが猫の体にフィットし、のんびりとくつろげます。

両面とも爪とぎとして使用できます。薄い段ボールを何層にも重ねた強固な設計で、丈夫かつ長持ちするのもポイントです。Mサイズ、Mワイド、Lサイズと大きさも3種類あるため、猫の大きさに合わせて選べるのも魅力といえるでしょう。

https://www.necoichi.co.jp/Products/detail/id=7570

爪とぎの後はくつろぎタイム「ガリガリソファ」

猫がリラックスしながら爪をとげるように設計された、ソファ型の爪とぎです。なだらかな曲線を描くフォルムがおしゃれで、猫の体にもピッタリとフィットします。

段ボール製で、とぎくずが出にくいように作られており、掃除の手間が省けるのも魅力のひとつです。また、猫が興味を示さない場合にふりかける、マタタビが附属しています。

気持ちよく背伸びして爪とぎ「ガリガリウォール」

「ガリガリウォール」は、壁面設置型の爪とぎです。スタンディングタイプなので、壁に沿って設置すれば、猫が立ち上がって爪とぎできます。立って壁紙などに爪とぎしてしまう猫におすすめしたいアイテムです。

こちらも段ボール製で、とぎくずが出にくいように設計されています。底部には、猫がくつろげるスペースもあるので、爪をといだ後ものんびりと過ごせるでしょう。

多頭飼いにもおすすめ「極太猫爪とぎポール」

自立式のポール型爪とぎです。ポールには爪とぎ用の縄が巻いてあり、一度に複数の猫が爪をとげるので多頭飼いにもおすすめです。

製品は麻縄と綿縄の2タイプから選べます。麻縄は、爪の引っかかりがよく、ストレス解消にピッタリです。綿縄は手触りが滑らかで、麻特有の臭いもありません。とぎくずも出にくいため、掃除の手間をなるべく省きたい飼い主さんにおすすめです。

https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a10544/

マタタビ付き 麻つめみがき

比較的リーズナブルで、ペットショップやホームセンターなどでもよく見かける、天然麻を100%使用している爪とぎです。爪と猫の好みに合わせて床置き、または壁や柱などに設置して使います。

両面とも爪とぎになっているため経済的で、とぎくずも出にくく、マタタビも附属しているので、しつけもしやすいグッズといえるでしょう。

狙われやすい角には「コーナーガード 麻」

柱の角などは、猫の爪とぎスポットになりやすい場所です。このアイテムは角にフィットするように設計されています。柱の角に設置すれば、直接壁に爪とぎするのを防止できます。

爪とぎ部分は麻素材なので、思う存分爪とぎできます。高さは80cmあり、体の大きな猫も背伸びしながら爪とぎできるでしょう。部屋のインテリアにも馴染むデザインで、組み立ても簡単です。

https://www.peppynet.com/cats/shop/item/id/582349

爪研ぎねこハウス

狭いところが好きな猫にピッタリの、段ボールハウスです。おしゃれでかわいいデザインが特徴で、猫の興味をそそる覗き窓もついています。ハウスの底部には爪とぎがセットされていて、快適な空間でのんびり過ごしつつ、爪のメンテナンスもできる優れものです。

5mmの厚みで頑丈なのに、組み立てや撤去も簡単にできます。

別売りのアルファベットシートを使えば、よりかわいくデコレーションできます。オリジナルのハウスなら、SNS映えする写真を撮るのにもおすすめです。

https://item.rakuten.co.jp/card-meister/d-1/

おわりに

猫が爪とぎする理由は、自己アピールやマーキングなどいろいろな理由がありました。爪とぎのたびに騒いだり、過度なスキンシップをしたりすると、爪とぎが激しくなることがあるので関わり方を振り返ってみましょう。また、愛猫の好む爪とぎの素材や体勢を知ることも大切です。本記事を参考に、ぜひお気に入りの爪とぎを見つけてみましょう。