猫の病気|慢性腎臓病ってどんな病気?原因や治療法

愛猫を慢性腎臓病から守り、1日でも長生きして欲しい飼い主さんに役立つ情報をまとめました。猫がかかりやすい慢性腎臓病について、原因や予防法、初期症状、治療法まで詳しく解説しています。完成が待ち望まれる新たな治療薬についても紹介します。猫がかかりやすい代表的な病気と知られているのが慢性腎臓病です。現在の医学では完治が望めないため、飼い主は日常の変化をよく観察し、予防と早期発見に努めなくてはなりません。発症後は、残った腎機能をいかに維持して病気の進行を遅らせていくかが重要です。本記事では、猫の慢性腎臓病について詳しく解説します。

注意しておきたい猫の慢性腎臓病(腎不全)とは

腎臓の機能が低下する腎不全の状態が、長期間にわたって続いたら慢性腎臓病と診断されます。高齢猫の死因第1位に挙げられるため、飼い主なら誰もが心配する病気なのではないでしょうか。腎臓は、血液中の老廃物や毒素を尿として体外に排出するための重要な器官です。

腎臓を構成する組織のネフロンが壊れると、血液中に老廃物が溜まってしまい、体内のバランスを正常に保てなくなります。一度壊れてしまった腎臓の機能は回復しません。そのため、ゆっくりと病状が進み最終的にはまったく機能しなくなり、死に至ります。

猫が慢性腎臓病になる原因は?

他の動物と比べて猫は腎不全で死亡する率が高いものの、なぜ腎不全になりやすいのかはっきりとした原因は解明されていません。高齢期の発症が多いため、加齢が原因という一説もあります。また、もともと砂漠出身の動物なことからあまり水を飲まず、尿を濃縮して排泄するため腎臓に負担がかかりやすいという説もあります。

このほかにも、尿管結石や尿路結石といった尿路の閉塞、ウイルス感染による腎炎、先天的な腎臓異常や遺伝性疾患、直接関係のなさそうな歯肉口内炎なども慢性腎臓病の原因になると考えられています。

猫が腎臓の病気になりやすい原因は長らく謎であったため、確固たる治療法は確立されていませんでした。しかし昨今では、東京大学の宮崎徹教授による猫の腎臓病についての研究が、愛猫家の注目を集めています。腎臓病の原因究明、治療法の開発を目指す取り組みで、大きな話題を呼んでいます。

その内容は、血液中に存在して体内のゴミ掃除をしてくれるタンパク質の一種「AIM」が、遺伝子的にうまく機能せず、結果として腎不全を引き起こしてしまう可能性が高いというものでした。このAIMを猫に投与すると、腎不全を予防できるほか、腎機能の低下した猫にも効果が見込めるとして大いに期待を集めています。

AIM製剤は、新型コロナウイルスの影響で開発が中断されていましたが、腎不全の猫と暮らす飼い主を中心に、異例ともいえるほどの多額な寄付が集まり再開を果たしました。AIM投与による治療法は、2023年頃までの完成を目指して準備が進められています。

(参照元:https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/z1304_00002.html)

どんな猫がなりやすい?

かかりやすいとされているのは、8歳以上のシニア期に入った猫です。シニア期の猫は、腎臓機能が衰え始める傾向にあります。また、尿管結石や尿路結石などにかかった経験のある猫も、腎臓にダメージが出やすいといわれています。

とくに、メスと比べて尿道が細くて長いオスは、尿道が閉塞しやすいので注意が必要です。基本的には全猫種がかかる病気ですが、ペルシャやヒマラヤンなどは、慢性腎不全の原因になる多発性嚢胞腎になりやすい遺伝子を持つ可能性があるといわれています。

日頃から観察しておきたい慢性腎臓病の初期症状

慢性腎不全は、早期発見の難しい病気です。初期のステージでは元気も食欲もあり、血液検査での異常もとくに見られません。初期であっても、腎臓の機能はすでに1/3程度にまで低下しているとされています。代表的な初期症状として見られるのが多飲多尿です。腎臓の機能が低下してくるため、色が薄く臭いの少ないおしっこを大量にするようになります。

つまり、多くの水分を排泄するため喉が渇き、飲水量が増えてしまうのです。猫に水を多く飲ませるのは泌尿器の病気予防として効果的なため、むしろ良いことなのではと思いがちですが、猫が自発的に水をたくさん飲むようになったら注意が必要です。その後、老廃物が溜まって尿毒症を発症し始め、口内炎や胃炎によって口臭がきつくなるケースもあります。

さらに病気が進行すると、食欲不振や嘔吐、体重減少、脱水、毛艶が悪くなるといったように、飼い主の目にも異常と判断できるような症状が現れます。この時点ではすでに、腎臓の機能は10%にまで低下している恐れがあります。疑わしい症状があれば、早めに動物病院で受診することが大切です。

定期的に尿検査や血液検査をしてもらえば、初期段階で病気に気づける可能性が高まります。腎不全の場合は腎臓の萎縮などが見られるため、レントゲン・超音波検査も併せて受けておくと、より安心できるでしょう。

覚えておきたい毎日できる予防法

はっきりとした予防法は確立されていないものの、塩分を控える、十分に水を飲ませるなど、少しでも腎臓への負担を減らしてあげるのが基本です。塩分については、人間の食べている味の付いたものは与えないようにする、市販の嗜好性の高いおやつは塩分が多い可能性があるので避けるといった工夫が大切です。

水分補給については、こまめに交換して猫が好む新鮮な水を用意する、水飲み場を増やす、ドライフードだけでなくウェットフードも取り入れるといった方法があります。普段から猫の様子を観察し、異変にいち早く気づいてあげられるようにしてください。飲水量を計測できる容器に変えたり、毎日体重を測ったり、数値的な管理を取り入れるのも有用です。

このほかにも、慢性腎臓病の原因となる歯肉口内炎の予防のために、日々デンタルケアを行いましょう。

猫の慢性腎臓病 治療法にはどんなものがある?

慢性腎不全の治療は、食事療法によって腎臓への負担を減らし、病気の進行を遅らせるのが基本です。初期の段階では、腎臓に負担が少ない、低タンパク質・低リンの療法食に切り替えて経過を観察していきますが、病気が進行してくると、より積極的な治療が必要になってきます。

点滴による脱水防止と尿毒症緩和

点滴治療は、慢性腎臓病で脱水症状となっている猫に対して水分や電解質を補う方法です。動物病院で獣医師に処置してもらう方法と、自宅で飼い主が行う方法があります。緊急性が高い場合を除き、慢性腎臓病では飼い主ができる「皮下点滴」での治療も可能です。

動物病院で詳しい手順を習った後に自宅で実践します。皮下点滴では、首の後ろ側にある皮膚をつまんで針を刺し、点滴の液を注入します。点滴の液は時間をかけてゆっくりと吸収され、尿として排泄されるため、尿毒症の緩和に効果的です。

自宅点滴には、「費用を安く抑えられる」「通院がない分、猫のストレスが軽減される」「飼い主も治療に参加できる」など、さまざまなメリットがあります。慢性腎臓病の治療は長期にわたるケースが多く、症状の進行に合わせて点滴の頻度は増します。前述のメリットを踏まえれば、自宅点滴を検討してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

人工透析による治療が可能に

高額な治療費を要するものの、猫に対する人工透析治療も可能となっています。動物用血液透析装置を導入している設備の整った動物病院に限られますが、人工透析により老廃物の排出を促します。

尿毒症などに苦しむ末期の猫にとって、最後の砦ともいえる治療方法ですが、人工透析には全身麻酔が必要なため、それに耐えられるだけの体力が猫に残っているかどうかを慎重に判断せねばなりません。

高齢の猫が多いこと、またすでに腎機能の多くが失われているため、体に負担がかかるばかりで期待するほどの効果はないといった要因もあり、慢性腎臓病で透析を行うケースは稀です。

猫の腎臓病のための治療薬

猫の腎臓病治療に使われる薬にも、いくつかの選択肢があります。しかし、いずれも慢性腎臓病を完治できるものではなく、あくまでも対症療法となります。また、薬の副作用にも注意が必要です。慢性腎臓病になると高血圧などの合併症を引き起こす可能性が増すため、投薬の可否や選び方については、獣医師による総合的な判断が肝心です。

サプリメントの活用も

市販や動物病院で購入できるサプリメントを使う方法もあります。効能としては、療法食に近い効果が期待されるものや、腸内のリンなどを吸着して便と一緒に排泄させるものなどさまざまです。ただし、副作用による不調が起きたときの原因を特定するために、与えるサプリメントの種類は極力絞ったほうがよいでしょう。

また、市販されているサプリメントを使う場合には、念のため獣医師への相談をおすすめします。

慢性腎臓病で最初に気付きやすい症状は多飲多尿です。しかし、多飲多尿が見られる頃にはすでに腎不全がかなり進行している状態と予測されます。元気なうちから予防に努め、動物病院で定期的に尿検査や血液検査を受けるようにしておけば、結果として猫の長生きにつながるはずです。健康なときのデータを残しておくことは、病気になった際の重要な診断材料としても有用です。

おわりに

慢性腎臓病は、高齢になればどの猫も発症する恐れがある病気です。100%の予防策はなく、根本的な治療法も確立されていません。しかし、毎日の健康管理で発症リスクは軽減できます。また、早期治療によって病気の進行を遅らせることができれば、猫の長生きにつながります。初期段階での小さな体調変化に気付けるよう、観察眼を養いましょう。