猫の体重|○○kg超えると肥満かも?自宅での測り方も解説

猫の肥満を防止するためには、飼い主による適切な体重管理が必要です。内臓疾患、皮膚炎の発症など、肥満はさまざまな病気を引き起こします。本記事では、自宅で体重を測る方法と猫の標準体重、ダイエットが必要になったとき意識することについて詳しく解説しています。

猫の適正体重を維持するためには、飼い主の手助けが必要です。肥満の防止は、病気やケガのリスク低減につながります。自宅で定期的に体重測定を行えば、目に見えない変化にも気がつきやすくなります。食事の量や運動スペースの確保など、愛猫の健康を管理するために、日頃飼い主ができることをしっかりと覚えておきましょう。この記事で詳しくご紹介します。

猫の体重ってどれくらい?代表的な品種を例に紹介

愛猫の適正体重を知っていますか?猫種はもちろん、骨格や筋肉のつき方によっても差がありますが、体重管理をするためにはまず標準体重を知っておく必要があります。

●スコティッシュ・フォールド

丸いフェイスラインと耳がチャームポイントのスコティッシュ・フォールドは、オスで4~6kg、メスで2.7~4kgが目安とされています。

●マンチカン

短い足のよちよち歩きで愛嬌たっぷりなマンチカンは、オスが3~4kg程度でメスはオスより少し小さめです。数ある品種の中でも小型で知られていますが、足の筋肉がとても発達しています。

●ノルウェージャンフォレストキャット

フサフサとした長毛がゴージャスなノルウェージャンフォレストキャットは、オスで4.5~7kg、メスで3.5~5.5kgが目安です。

●ミヌエット

まん丸い目が愛らしいミヌエットは2~4kgが目安です。マンチカンの血を引き継いでいるため小型ながらも骨格と筋肉ががっちりしています。

●メインクーン

大型で人なつっこいメインクーンは、オスで6~9kg、メスで3~6kgが目安となっています。

これらはおおよその体重であるため、同じ猫種でも実際には差異があるかもしれません。猫種ごとの標準体重を目安にして、適正体重であるかどうかをチェックしてみましょう。

猫の体重7kg超えていたら肥満?

個体によって骨格のタイプは異なります。そのため、一概に7kgを超えてしまったら肥満であるとはいえません。例えば骨格のしっかりとした大きな猫は、体重が7kg以上になることもあります。

肥満かどうかを判断するポイントは、標準体重より15~20%重いかどうかです。

また、猫の体型を5段階で評価するボディコンディションスコア(BCS)では、脂肪が多く皮膚の上から肋骨に触れない状態を肥満と判断します。

太りやすい猫の特徴

避妊・去勢手術をしたあと、急に太り始めるといったケースも少なくありません。避妊や去勢をした猫は、安静時の代謝率が低下してしまいます。そのため、脂肪を溜め込みやすい体質となり、太ってしまうのです。

猫種による太りやすさもあります。アメリカンショートヘアやスコティッシュ・フォールドといったミックス種は、純血種と比較して太りやすいといわれています。もちろん、これにも個体差があるため、ミックスだから絶対に太るというわけではありません。

また、高齢になると代謝が低下して太りやすくなるのは猫も人間と同じです。代謝の低下だけでなく、運動する頻度もだんだんと少なくなるため、脂肪を燃焼しにくくなります。

日頃の体重管理が大切!自宅で体重を量る方法は?

詳しくは後述しますが、猫の肥満はさまざまなリスクを招きます。毎日を健康に過ごすためには、日頃からの体重管理を徹底しなくてはなりません。ヘルスメーターに乗せて体重を測ろうとしてもおとなしくしてくれず、困った経験のある人も多いのではないでしょうか。

自宅で測定する場合は、猫を抱っこして一緒にヘルスメーターに乗り、飼い主の体重を差し引くと猫の体重が簡単に測れます。体重測定の頻度は、猫の体調や年齢によって異なります。健康な成猫はひと月に1回、子猫や高齢の猫、持病のある猫は体重が変動しやすいため、週1回以上が理想です。

なお、より正確な数値を知りたいときは、動物病院で測定してもらい、医師からのアドバイスを受けるとよいでしょう。

どうして肥満になるの?猫の肥満の原因

肥満になる原因は人間とほぼ同じです。ご飯やおやつの食べ過ぎ、運動不足などが主な原因です。必要以上のご飯やおやつは、エネルギーとして使用されなかった分のカロリーが脂肪に変換されてしまうため、肥満につながります。

また、十分な運動量がないとカロリーを消費できず、脂肪を溜め込みやすくなります。厳しい言い方かもしれませんが、猫の肥満は飼い主の責任です。肥満を回避するには、適切な量のご飯と運動できる環境づくりを忘れないようにしましょう。もちろん、一緒に遊んであげる時間を確保するのも大切です。

太ると何が心配?肥満に伴うリスクとは

人の場合、太りすぎてしまうと生活習慣病を発症するリスクが高まりますが、猫も例外ではありません。健康を脅かす肥満には十分な注意をしたいものですが、飼い主が猫の肥満に気づかないというケースも少なくないのです。

特に長毛種の場合、見た目の体型からその変化に気づくのは難しいかもしれません。日常的に体重を測って書き留めておき、増加傾向が続くようであれば動物病院を受診して医師にアドバイスを求めてみましょう。肥満による体調不良を招いてしまってからでは、猫の身体に大きな負担がかかってしまいます。

便秘

脂肪が蓄積して排泄器官を圧迫すると、便秘を引き起こします。慢性的な便秘の症状に陥ると、食欲が落ちて体重が減る、嘔吐する、といった別の症状が現れるかもしれません。便秘が解消できないまま放置してしまうと、巨大結腸症という大腸の一部が巨大化する病気を発症し、死に至るケースもあります。3日以上排泄が確認できないときは、動物病院で診察を受けるようにしてください。

手足の関節への負担

体重が増加すると、四肢の関節や腰にかかる負担が増大します。わずかな体重の増加であっても、猫の小さな関節には大きな負担となります。高齢でもないのにあまり動かなくなったり、急に抱っこを嫌がったりした場合は、関節や腰にダメージを負っている可能性があるため、なるべく早く医師の診断を受けましょう。

皮膚への負担

キレイ好きなことで知られる猫は、頻繁に毛づくろいをします。しかし、太りすぎてしまった猫は身体を思うよう動かせず、手入れが行き届かなくなってしまうのです。十分な毛づくろができない部分は清潔な状態が維持できず、皮膚炎を発症してしまうおそれがあります。

愛猫が肥満になってしまったら、毛づくろいの様子をよく観察してみましょう。届かない部分のケアは飼い主が拭いてサポートしてあげると、清潔な状態を保つことができ、皮膚炎を予防できます。

内臓の病気

体内に蓄積された脂肪の量が増えると、糖尿病や心筋症、脂肪肝、腎臓病といったさまざまな内臓疾患のリスクが高まります。これらの病気を発症すると、治療のための投薬や手術が必要となり、飼い主の経済的な負担が増えるだけでなく、猫の寿命にも大きく影響します。

なお、厚すぎる脂肪は手術の妨げになってしまうこともあり、手術を必要としているのに手を打てないといった状態にもなりかねません。

猫の肥満の解決策!ダイエットを成功させるためには

適正体重を維持するために手助けをするのも飼い主の大切な役割です。最近少し丸くなってきたかも?と感じたら、適切なダイエットを実施しましょう。

毎日の食事を見直してみよう

愛猫に食事やおやつを与えすぎていませんか。上目づかいで見つめられると、あげずにはいられなくなる気持ちも分かりますが、その行為が徐々に肥満へとつながるかもしれません。まずは、1日にどの程度のご飯とおやつを与えているのかを見直すことから始まります。

フードのパッケージやメーカーの公式サイトに記載された適切量を確認し、成分やカロリーについてもきちんとチェックしておきましょう。ダイエット用のキャットフードに換える方法もあります。

毎日の遊びで運動不足解消

室内で飼っている猫は、運動不足に陥りがちです。アクティブで元気いっぱいの猫であれば1日に20~30分、おとなしい猫ならば1日15分を目安に運動させてあげましょう。運動を促すにはおもちゃが効果的です。お気に入りのおもちゃで一緒に遊んであげると、運動不足だけでなくストレスの解消にもつながります。

また、キャットタワーの設置を検討してみるのもよいでしょう。飼い主が不在でも楽しく遊べる環境をつくってあげると、自然なかたちでのダイエット対策になります。

猫の運動不足解消に役立つおもちゃを紹介したページもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

「猫ともっと仲良くなれるおすすめおもちゃ12選」

(URL挿入部分)

猫は痩せにくいということも覚えておこう

猫は、一度太ると痩せにくいという傾向にあります。

もともとが砂漠出身の猫は、獲物の少ない環境で歩き回って余計なエネルギーを使うより、体力を温存して獲物を待ち伏せていたという歴史があります。先祖の生活スタイルを現在でも引き継いでいるため、積極的にエネルギーを消費するような行動は取りません。本能である以上、飼い主による工夫が必要とされるのです。

おわりに

猫の肥満は、百害あって一利なしです。病気やケガのリスクを減らすため、飼い主が責任を持ってしっかりと管理してあげましょう。食事の量や内容、生活環境を見直して太りすぎを防止すれば、愛猫が健康で楽しい毎日を過ごせるようになります。正しい体重管理を行い、小さな異変に気づいてあげることが、大切な家族を守る第一歩となるはずです。